ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性とお手入れ方法

ウォーターサーバーのメンテナンスの必要性とお手入れ方法

毎日、おいしく安全な水を飲むためには、ミネラルウォーターサーバーのメンテナンスが必要。メーカーがしてくれるメンテナンスサービスを利用するのはもちろん、自分でも定期的にお手入れしていくことをオススメします!

 

 

 

※なお下記のお手入れは、必ずコンセントを抜いてから行うようにして下さい。

 

 

 

ウォーターサーバーは、どうお手入れすればいい?

 

本体

 

まずは本体のお手入れから。
ホコリや手垢が付きやすいので、週に1回ほどは軽く拭き掃除をすると良いでしょう。
基本は、清潔な布巾で乾拭きすればOK。汚れが目立つときには、湿らせたスポンジ・キレイな布巾に台所用洗剤を少量つけて汚れを落とし、そのあとは洗剤・水気が残らないよう布でしっかり乾拭きして下さい。

 

 

 

本体の裏側

 

裏側の掃除は忘れがちですが、ウォーターサーバーには、裏側に冷却コンデンサーや電源プラグがあるものが多いため裏側のメンテナンスも大事! ホコリがたまりやすいので、定期的に掃除機でホコリを吸い取りましょう。

 

 

 

電源コード

 

このとき、一緒にキレイにしたいのが電源コード!
コードにからまったホコリのせいで火事が起こる危険があるためです。
コンセントを刺すときに発生した火花がホコリに引火したり、たまったホコリのせいで熱がこもり、それが発火につながったりする恐れがあるので、きちんとホコリは除去してください。

 

 

 

ボトル・パックの設置個所

 

ここは、とりわけシッカリと清潔に保たなければならない部分。
ボトルの交換時には、ボトル・パックの差込口のお手入れを忘れずに!
空ボトルを抜き取ったら、まずキッチンペーパーなどで差込口周辺を拭いて水気を取除き、その後、キッチン用除菌スプレー(キッチン用除菌シート)を使って軽く拭き掃除しましょう。

 

 

 

蛇口

 

ついつい手で触ってしまったり、また水を注ぐときにウッカリ蛇口の先がコップやお鍋に浸かってしまったり…ということはよくあるもの。そのため、意外とここは雑菌が繁殖しやすいとされています。
キッチンペーパーや布巾での拭き掃除に加え、キッチン用アルコールやキッチン用除菌シートでの消毒を! これは、できれば毎日するといいですね。また、蛇口の内側についても、キレイな綿棒などでお手入れすることをオススメします。

 

 

 

受け皿

 

飲み水が直に触ることのない部分ですが、放っておくと水がたまって雑菌が増えたり、カビが発生したりすることがあるので、定期的にここもキレイにしましょう。大抵のウォーターサーバーでは、この部分は取り外し可能になっているため、取り外して台所用洗剤で洗い、よく乾かしてから元に戻してください。